矯正歯科にて綺麗な歯列をGet!【デンタルチェックはシッカリと】

治療風景

素材の種類はなに

人は、乳歯が抜けた後に永久歯が生えてきます。永久歯が生えた後にはもう歯が生えてくることはありません。何らかの事情で歯が抜け落ちた際には、その箇所を埋めなくては歯のバランスが悪くなるでしょう。多くの矯正歯科や審美歯科では、抜け落ちた歯の箇所を埋め込む方法として、人口の歯を用いる施術が選ばれています。人口の歯には幾つかの種類があり、その種類によって、自然に白く綺麗に見せるものや、金属が体内へと進出する心配がないものなど、特長が異なるものです。審美歯科で行われる歯列矯正やホワイトニングは、病気の治療という扱いにはならないので、その費用には健康保険が適用されません。掛かる費用は、内容によっても大きく異なりますが、数十万円~数百万円にのぼることもあります。

抜け落ちた歯のスペースに埋め込む人口の歯として、よく選ばれている素材がセラミックです。不自然な白ではなく、本来の歯のような白さを出すことが出来るものとして注目を集めています。素材としても、体に害を与えることはないので安心して選ぶことが出来るでしょう。東京の六本木には多くの審美歯科があり、多くの利用者が足を運んでいます。施術を行うには、複数回に渡って足を運ぶ必要が出てくるので、交通アクセスのいい六本木の審美歯科は高い人気を誇っています。

途中で施術を辞めてしまうと、その施術効果が半減してしまいます。そのようなことがないように、きちんと施術が完了するまで通い続けることを意識しましょう。施術を開始して完了するまでの期間というのは、施術を開始する時点での歯列や歯の状態によっても異なりますが、長く見て数年掛かる場合もあります。